engage(エンゲージ)のワークフロー管理を使うことでビジネスプロセスを最適化します。ご利用サービスの生産性や費用対効果を“見える化”することで、お客様ノンコア業務のオペレーションコストを常に最適な状態に保つことが可能です。

  • 当社ベストプラクティス全てを凝縮

    engageはご利用サービス全てのフェーズに対応した当社最先端のデジタル・ワークフロー管理ツールです。

    当社が提供する様々なサービス毎に適したUIデザイン、行程管理をご提供します。
    親和性の高いMicrosoft Outlook用のプラグインを利用することで、Outlook経由で簡単、セキュアに依頼を入稿することが可能です。

  • 全てのプロセスをログ化 強固な監査対策に

    engageを使うことで、サービス提供状況の全容を確認することができます。リクエストの進捗状況を追跡し、作業期間中のステータスアップデートを受け取ることが可能になります。また、作業品質や納期対応などについて即時にフィードバックすることもできます。当社サポートチームがお客様のニーズや改善点をお伺いし、日々の業務の改善に努めていきます。

    業務管理をデジタル化するもう一つのメリットは“ログのトレーサビリティー強化”です。各プロセスのデジタルログを自動キャプチャし、誰が、いつ、どこで、何をしたのかを保存。特に金融機関で求められる高度な品質確保及びアカウンタビリティ(説明責任)の向上を支援します

  • ワークフロー管理もアジャイルの時代へ

    ひとたび決めたワークフロー、業務管理手法が何年も続く時代は終わりました。

    サービススコープの追加・削除、業務量繁閑調整などデジタル・プラットフォームだからこそ可能な拡張性をENGAGEがご提供します。

    ENGAGEはクラウドベースのSaaSのため、ソフトウェアのアップグレードとは異なり多様なワークフローシナリオに対応し、作業を中断することなく機能拡張を実行します。