投資銀行、リテールバンク、資産運用会社、保険会社のいずれであっても、タイムリーでありながら正確で、ブランド化されたピッチ、プレゼンテーション、クライアント・コミュニケーションを行うことが成功の鍵となります。

リサーチや分析からピッチブック作成やクリエイティブサービス、大規模なドキュメント制作サービスまで、お客様のクライアントとのやりとりや成果物をより良くするために必要なサポートを初日から提供します。

  • 厳しい競争と規制下で勝ち抜く

    規制の強化、クライアントと市場シェアをめぐる競争の激化、そしてリスク管理の必要性の高まり、さらに、データや情報量の増加、コミュニケーション用のデジタルチャネルやテクノロジーの普及により、ピッチ作成やクライアント・コミュニケーションをとりまく状況はさらに複雑になっています。対応を誤るとクライアントとの関係に影響を与えるだけでなく、会社を財務的、評判的なリスクにさらすことになります。

    このような課題は、金融サービス業務のほぼすべての領域に存在しており、実際に日々のプロセスを通じてリスクを管理・軽減している管理業務やビジネスサービスも例外ではありません。企業は、運営コスト削減のプレッシャーを感じ続けています。

    当社は両方の課題に対応できます。

  • リスク管理と業務効率向上についての長年の実績

    当社は、金融セクター向けのコンプライアンスに準拠したプレゼンテーション、ビジネスサポートサービス、ドキュメントサポートサービスの提供をリードしている会社です。世界のトップ10に入る金融機関の半数以上に当社のサービスをご利用いただき、ピッチブックの作成、クライアント・コミュニケーション、ビジネスサポートの効率を最大化するソリューションを提供させていただいております。

    当社の専門知識をお客様のドキュメントワークフローや重要なビジネスサポート活動に適用し、プロセスを管理します。オンショアおよびオフショアのチームを活用して、金融機関とその顧客の厳しいニーズに対応した安全で24時間体制のサポートを提供しています。金融機関には、重要なピッチ文書にかかるコスト削減、成果物作成時間の短縮、サービスレベルの向上といったメリットがあります。

    お客様は、ウィリアムズ・リーが指揮を執ることで、顧客データと情報が安全に管理されコンプライアンスに準拠していることに安心されています。

  • エグゼクティブへのサービス向上を目指しバックオフィスサポートを合理化した事例

    フォーチュン100の一社の銀行は、エグゼクティブのサポートを行う事務スタッフの配置に課題を抱えており、会議室予約プロセスで問題に直面していました。当時、ポリシー、手順、イニシアチブがスタッフに浸透していないサードパーティのサービスプロバイダを使用していたため、サービスの質が非常に低く、リクエストの処理に長い待ち時間が発生していました。そこで、この銀行は当社と契約しサポートサービスを仮想化しました。

  • デジタルピッチブックでアドバイザリー業務のクライアントを獲得した事例

    ある世界的グローバル金融機関では、世界中のプレゼンテーションおよびクリエイティブサービスチームがデジタルピッチブックを作成しています。

    クライアントからの依頼内容は最後の最後で変わることも多く、アナリストは外交直前まで資料を調整するため、24時間体制でクリエイティブなサポートが必要でした。このように要件多彩なお客様に対して当社が提供したソリューションにつきましてはこちらをご覧ください。