弁護士と秘書の割合を改善

秘書業務を一元化して集約することにより、スタッフ構成を最適化

仕事がバーチャルになり、効率や生産性がますます重要視されてきました。法律の業務では特に継続年数が長く、給料の高い秘書スタッフが、引き受けられる能力を超えてしまっていることがあります。

ウィリアムズ・リーでは、セントラルサポートという新しいアプローチを行いました。そこでは弁護士別ではなく、タスク別に専門家チームが業務をサポートします。これにより、業務量をより均一に管理し、必要に応じてサポートを増加することができます。ウィリアムズ・リーのこのモデルは、より少ないサポートスタッフで、より多くの弁護士をサポートし、高い品質、スピード、効率をお約束するものです。

関連サービス

まずは、お問い合わせください。
グローバルなビジネスで培った知識と経験をご提供します

お問い合わせ