Group Policies

はじめに

リスク・コンプライアンス部門は、行動規範、贈収賄・汚職防止、SHEQ(安全・健康・環境・品質)ポリシーなどのコアポリシーの確立、維持、教育、啓発を担当しています。これらのポリシーは、毎年見直しと更新がされ、社内イントラネットで全従業員に公表されています。また、これらのポリシーについて、毎年必須の研修プログラムがあります。

行動規範ポリシー

ウィリアムズ・リーの継続的な業績は、グローバルビジネスにおける個々の従業員の誠実さと効率的な仕事への取り組みの上に成り立っています。各従業員には、誠実に行動し、お客様や外部のステークホルダーに対するのと同じ敬意とプロ意識を持って、同僚、チーム、マネージャーに接する責任があります。ウィリアムズ・リー行動規範は、かかる行動と態度に関する期待について、明確にしています。

贈収賄・汚職防止ポリシー

倫理的で、法を遵守した行動は、社内、そしてビジネスパートナー、株主、一般社会との関係で、私たちの働き方を明確にする基本原則です。贈収賄・汚職防止ポリシーに対するいかなる違反も許されません。当社が事業をする各国の贈収賄防止・汚職防止法を遵守するための総合的な手続き、研修、意識向上プログラムが確立されています。

SHEQポリシー

総合的な安全・健康・環境・品質(SHEQ)ポリシーは、当社の信頼の保護、損失の最小化、持続可能な業績の向上、継続的なサービスの提供を目的としています。我々のSHEQポリシーは、これによりグループが、本主題に関する法律、規制、契約上の義務を果たすことができるよう、上位レベルの構造を明確にしています。